食禁忌食卓6大最も発ガン発ガンのストレス耐性組み合わせ

今生活の中で多くの人が食べてもとても重んじて、常にいろんな物を組み合わせて食べて、人の体が更に全面的な栄養素を吸収する、しかし一部の人は知らないで、もし食べ合わせに不当から良い効果がないだけではなく、逆にまた、疾病の発生.じゃあ下から小編と一緒に食卓に6大もっとも発ガン発ガンの食べ物を見に行きましょう.

pの海鮮とビールは痛風痛風

を誘発するpの海鮮はプリンと苷酸の二種類の成分を含んだ食べ物で、ビールにはこの2種類の成分の重要な触媒が含まれます―――ビタミンB 1.

もし、海鮮を食べる時はビール、有害物質は体内の結合によって、人体の血液中の尿酸含有量を増加し,それによって難しい尿路の結石を形成することができます.

自分が代謝が問題になったら、海鮮の時にビールを飲みやすくなり、痛風性ネフローゼ、痛風性関節炎などが現れて、痛風性関節炎などが現れて、痛風性関節炎などが現れます.

pハムと乳酸飲料水発ガン

よく組み合わせヨーグルト、朝食のサンドイッチを食べる人は気をつけて、サンドイッチにハム、ベーコンなどと乳酸飲料(含む機酸)と一緒に食べて、簡単発癌.

ウインナー,ストレス耐性、ソーセージ、ベーコン、ベーコンなどの加工肉製品を保存するため、食品製造商会は、硝酸塩を添加し、食物腐敗とボツリヌス菌成長を防止します.

が硝酸塩にぶつけ有機酸(乳酸、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸など)にになる1種の発ガン物質―――ニトロソアミン.だから,よく食べないでこの類の加工肉、発がんリスクを増加しないように.

pだいこんとオレンジは甲状腺の腫大を誘発しやすい

また、大量のみかん、リンゴ、ブドウなどの果物を同時に食べると、大量のみかんやリンゴ、リンゴ、ブドウなどの果物を食べることができます.

果物のフラボノイド物質は腸内細菌分解後は甲状腺機能抑制に転化し、甲状腺の腫れを誘発する.

Leave a Reply