食のストレス耐性落とし穴は果物の緻命を食べて、果物の緻命を食べます

果物は健康と美容に有益で、これはみんなの常識.しかし、食べ方が悪いと、健康に利益をもたらして、かえってあなたは病気になってしまう!これは果物の食べ方、体のダメージ程度は慢性的な自殺に相当する、あなたはまだこのようにしていますか?

果物は栄養豊富で、多種有機成分と人体に必要なビタミンを含んでいます.新鮮野菜果物を多く食べ、健康によい.

p>は知っているには、果物は無害でなければならないと知っている.果物を食べてもたくさん食べないこだわり、万一,ストレス耐性、逆にトラブルに巻き込まれて!

果物の緻命を食べて、緻命の落とし穴:

は、果物を食べてp1、果物が腐っても食べられないと

は食べられない買って帰ってきた果物が長くなり、腐っている部位があります.多くの人はいずれも腐った部分をえぐりて、健康と思いました.

果物に出現頻度が高いのは、拡張靑かびを代表の靑かび,それらの発生のパツリン生じるよう動物の胃腸の機能は乱れて、腎臓の水腫病など、またパツリンと細胞膜の結合は不可逆過程、細細胞に長期の損傷、甚だしきに至っては発ガン可能性がある.

たとえあなたのカビが生える部位を取り除くようにも必ずしも安全のため、カビの発生のパツリンできる果実の拡散に他の部位.そのため、リンゴは腐って1時に食べて食べられませんでした!

p2、食後すぐに果物を食べますpは専門家が並べた食後9種類の行為キラーの中、食後に果物を食べて、その危害性について.

は、主食中のデンプン、タンパク質や脂肪などの物質消化が遅く、果物を妨げられて胃内.果物の主な成分は果糖です、胃内の高温で発酵反応は腐敗に変化する.この果物を生成してアルコールや毒素が膨れる息、便秘(便秘食品)などの症状を引き起こす、胸焼け、消化不良で、腹の痛みなど.

また、果物に含まれる真鍮化合物は、小腸消化吸収、食品に阻隔後、胃内の細菌作用によって二価ベンズに転化します.また、食事中に食べる野菜は硫黄靑酸、甲状腺機能、甲状腺機能,非ヨード性甲状腺機能を招くことがあります.

Leave a Reply