生搾りジュースのストレス耐性栄養価はジュースの長所を搾る

みんなはすべてよくなくてジュースを飲んでみんなはすべて知らないで、新鮮な搾るの果汁の口当たりは甘ずっぱいして、しかも体にたくさんの利益、人々はすべてよく飲むジュース飲み物.でもあなたは新鮮な搾るジュースがどれらの栄養の価値があることを知っていますか?また、欠点はありますか?ちょっと理解してください.

ジュースの栄養価

にはジュースの栄養価が搾る新鮮な果物の野菜、新鮮な果物野菜ジュースには、新鮮な果物野菜ジュースには、新鮮な果物野菜野菜、新鮮な野菜、野菜、野菜ジュース.人体には消化システムに入り、血液はアルカリ性、鉛、アルミ、水銀等重金属と自由基など排出体外、解毒デトックス、機体の働きを浄化する作用があります.

pは消化促進,食欲増進、美白肌、ダイエットにも効果があり.病人に対して、高齢者や乳幼児にとって、胃腸の機能が弱い、胃腸蠕動緩慢で、腸内の乳酸菌が少なく、食べ物を殘して胃腸の消化しにくい、ジュースを補充して食事の中に栄養の成分の不足は非常に適した.

はペクチンを代表の水溶性繊維が糖尿病、心臓血管病気予防と減少の保健の効果、不溶性繊維は胃腸にもっと防止システムの病変を持って、腸の蠕動運動を促進する刺激と排便の役割.

また、血糖レベルが血糖レベルに影響し、糖尿病患者は薬物依存性に影響を与える、より過剰、過剰、肥満、予防、胆石、コレステロールの予防にも影響を与える効果があります.

pは、ジュースの長所

にはジュースの長所を搾る1,1、新鮮な搾るのジュースは添加物をくわえません

Pというのは、自作の野菜ジュースは搾る即ち飲みますから、防腐剤には入れない、果汁飲料のように色素とエッセンスには必要ない必要があります.

pは、2、ビタミンCなどの栄養素の損失が少ないもし新鮮のジュース搾りすなわちすなわち飲むと、ビタミンの損失が少ないため、市販のジュースや飲料加工過程では通常加熱の一環、そして空気と接触時間が長いので、ビタミンCの損失が相対的に大きく.

P3、原料はもっと新鮮、安全

私たちは、生搾りジュースには、最高の原料を使って、汁機と原料の洗いもよく、食べ物の安全を心配することはありません.

p4、新鮮な搾る果汁エネルギーは低い

は,ストレス耐性、新鮮な搾るのジュースは、大量の砂糖を入れて調整する必要はありませんので、エネルギーが低いこと、多く飲むことはエネルギーが多すぎることを心配しないで、太ることを心配しないで.市販のジュースと果汁飲料は通常この問題が存在する.

Leave a Reply