心臓は寿ストレス耐性命がありますか?

の科学者は発見して、すべての哺乳類(人間を除く)の一生の鼓動総回数は基本的に同じで、約7 . 3億回、動悸はない、相対寿命が短いほど.

例えば,小型哺乳類などのネズミの鼓動速度電光石火、毎分数百回の平均寿命はさん年;一方などの大型哺乳類クジラの体が大きくて重いスピードが遅い、動悸,ストレス耐性、毎分だけにじゅう回ぐらいは、寿命がごじゅう~ろくじゅう年;というゲーラパゴース亀毎分鼓動はろく度、一生の心臓の鼓動約5 . 6億回、170年生きて.

p人類は、造物主の特別な眷顧をこうむるて.

は他の哺乳動物、人間は生涯総心拍数は25~30億回、それぞれ平均70度、他の病気、天災、意外などの要素を排除するため、80歳まで生きるべきだ.この推理、静かな時心拍速度が遅い人、比較的長生きする可能性がある
.

p>ほど小さな鼓動<年齢もない、老人の鼓動若い人より遅くて,女性よりも男性の鼓動同い年で速くて、これらはすべて正常な生理現象.

Leave a Reply