平凡な世界でのストレス耐性光

上世紀の80年代にある年のいくつかの日に、1台の赤看板ラジオ、刘巧珍、ストレス耐性、高加林、人生……毎日毎日に少年の耳に入って、私の心を.それは『サン夏の呉儀五義」でも、夜のハルビン》が、それは同様に深く私を引きつけました、同時に私の内心の深い所に入っても、「てという名前.

90年代にある年のある日、私は再度聞いたこの名前は、中国語学科を卒業した長兄口聞いた、彼は友達と大声で何か喋っていた、とても感動して、それでは私ははっきり覚えていないが、覚えている彼の話には衝撃という言葉は、もっと彼はその激しく、崇拝、憧れの言い方と表情.これまで見たことがないについて語ったどの作品にこのような激しい表情は、読んだ人はその他に一人になるように.

1994年3月1日、さっきなリモート山郷へ仕事をしている私は、週末に行く通り郡本屋をぶらぶらして、1家の狭い個体書店内でも見たこの小説を見て、このいくつの字から知っていまちょっと信じられないと自分の目、慎重に本棚から手紙を届けるようにと手を取ると、深緑色の表紙に、平凡な世界といういくつか白い大字の下に書いてあるてやって来て、その中の字はまだ作者て竜が飛び鳳が舞うの直筆サイン表紙も、トップ列金色小文字の第三回の茅盾文学賞受賞作品で、確か本当に兄貴の言うその神の書.恍惚の私は、当時の給料はほんの百元、はすぐ迷わずに取り出して数十元のお金で買った.この3大本の厚い本.

読書好きの私が乏しいから気長に普段めったに見て長編小説で、たまにはどこか長く引きずって本が読んで.しかし平凡の世界』は例外.私を買って帰ってから待っていた本を開いて読んで、しかもほとんどが一気に読み終わったにもかかわらず、厚い千ページ3大本にもかかわらず、本の中の誤字だらけ(この時やっと私が買った海賊版の本).私を買って帰ってから待っていた本を開いて読んで、しかもほとんどが一気に読み終わったにもかかわらず、厚い千ページ3大本にもかかわらず、本の中の誤字だらけ(この時やっと私が買った海賊版の本).私は1種の“聖地巡礼のドキドキ読んでこの小説の、読んだ後とても長い時間はその激動の中に浸る.

孫少安、孙少平兄弟は小説の2つの中心人物.孫少安よりは主に伝統の村社会、この角度から見ると彼はほとんどは申し分ないで、これもまさに彼の不足や欠陥.孙少平は新世代の知識靑年奮闘理想田舎者の代表として、彼は高加林農村から都市に入るようにも、ただもうと高加林ように捨てと裏切りを背負って田舎の重い負担と非難が、彼も彼の困惑、辛さと甘酸っぱい苦い辛い.これは間違いなく好きと作者を描いた人物でも、私の最愛.孙少平二つの部分について、今依然として私が記憶に新しい.一つは彼の読み方中学の時よく飢餓状態の描写が、私はかつてない似た経験が、読んでいてくれる時では、している

Leave a Reply