スープのストレス耐性栄養はどれらがあります

スープは人々の日常の食生活では比較的によくあるの豊富な栄養価値の食べ物は、一般的に、女性は妊娠や産後,ストレス耐性、その体が大量に必要な栄養物質で、今、スープを選択を体の方法は人々の最もよく使われている.

Pは、

黒スープの栄養価値

1、黒魚肉にはたんぱく質,脂肪、18種類のアミノ酸など、カルシウム、リン酸、鉄及び多種ビタミン.

に適用体も弱いし、低蛋白血症、好みの气虚、栄養不良貧血の人の食用两广あたり、民間よく視カムルチー大切サプリメントで催乳、補血.

p>さん、ライギョ<が風を取り除く治疳、脾臓の益の息、利水腫れ効果があって、だから三北地区ではよくある産婦、リウマチ患者、小児疳病者探しカムルチー魚食の一種、補助療法.

フナスープの栄養価

フナ

フナを我が国に重要な食用魚の1、肉質は柔らかくて、甘い肉味、栄養価が高いため、毎日肉のタンパク質をじゅうさんグラム、脂肪じゅういちグラムを含まれる大量のカルシウム、燐、鉄などのミネラル.フナ 薬用の価値が高く、その性味の甘、平、温、入胃、腎臓、持って補って虚とで、除湿利水、補虚勝って、暖かい胃が食事、補う中に怒るの効果、特に活フナ汆汤通乳面でほかの薬の作用を比べることができない.フナ汆トウガン、フナ熬大根、味だけではなく,また益寿病除け.臨床は、フナの肉は動脈硬化、高血圧と冠状動脈硬化症の治療効果があります.

p> <いち、フナの魚のたんぱく質の質の優、そろって、容易に消化吸収は、肝臓の腎臓の病気、心脳血管の病気の患者の良好な蛋白源の常に食べる病気への抵抗力を強めることができて、、肝炎、腎炎、高血圧、心臓病、慢性気管支炎などの疾病の患者はよく食べる.

に、フナの魚が内臓を強くする利湿と、食欲を放しだして、血行をよく、温中でガスの効果、の好みの虚弱、むくみ、潰瘍、気管支炎、ぜんそく、糖尿病はとても良い栄養を補給する食事療法作用;産後の女性炖食フナの魚のスープ、虚通乳補.

さん、フナの魚肉嫩味鲜する、おかゆ、スープ、料理、スナックなどして.特に適スープの味と香り汤鲜だけでなく、フナの魚のスープ、そして強力な滋養補給作用して、とても適し中高年や病後虚弱者は食用も、とても適する産婦食用.

は上述のようには、スープの栄養が豊富で、しかし、人々の選択のスープを体の時に、注意すべきのは、違う種類の魚、その熬制た後に形成のスープを持った効果効能も異なるので、上記のスープに、フナの黒スープ作用を紹介してみんなによけいに理解する必要がある.

Leave a Reply